鈴と小鳥とそれから私とサウナ

【映画感想】天気の子 「今、胸、見てたでしょ」「はい」





土曜日に新海誠監督の最新作「天気の子」を見てきた。


www.tenkinoko.com



新海誠が特に好きというわけではないけれど、なんとなく全作品見ている。



ほしのこえ」「雲の向こう、約束の場所」は内容あんまり覚えてない。
秒速5センチメートル」は種子島の話が好きだったな。
言の葉の庭」は新宿御苑でチョコレートと金麦飲みたくなった。でもあそこは禁酒だよな。
星を追う子ども」は見てなかったわ。全作品見たは嘘だったわ。
君の名は。」はもはや言及する必要もないでしょう。


で、3年越しの新作「天気の子」。

前作「君の名は。」が傑作だったので割と楽しみにしていた本作。
新宿ピカデリー土曜の午前の回で、ほとんど満員だった。
基本新宿で映画を観るのだけど、聖地巡礼っていうか、聖地、ここ、みたいな。




「あの光の中に、行ってみたかった」
高1の夏。離島から家出し、東京にやってきた帆高。
しかし生活はすぐに困窮し、孤独な日々の果てにようやく見つけた仕事は、怪しげなオカルト雑誌のライター業だった。
彼のこれからを示唆するかのように、連日降り続ける雨。
そんな中、雑踏ひしめく都会の片隅で、帆高は一人の少女に出会う。
ある事情を抱え、弟とふたりで明るくたくましく暮らすその少女・陽菜。
彼女には、不思議な能力があった。
引用元;https://tenkinoko.com/



要はこの陽菜ちゃんが「天気の子」なワケなんだけれども。
個人的には2019年夏映画ヒロイン死ぬ(死なない)系ボーイミーツガールの良作かと。
キーワードは「居場所」

以下、ネタバレあります。




よかったところ



陽菜ちゃんがかわいい!
夏美さんがかわいい!おっぱい!本田翼なかなかうまかった。
絵が綺麗!夏を感じられる!夏映画なのに雪も降って一石二鳥!
絶対に藤原啓治の声が出ると思ったおじさんから小栗旬の声が出た。小栗旬も好き!

バカみたいな感想になってしまった。
でも、本作の良さは「キャラクターの良さ」と「絵ぢからの強さ」による部分が多いと思う。

前者についていうと、女の子の可愛さと好感の持てるおじさんたち。
前作の三葉、奥寺先輩しかり、本作の陽菜、夏美さんしかり、新海誠作品はヒロインからはセクシャルな部分を一切排除して、代わりにエロ担当お姉さんキャラを入れるのが好きなのかな?
「胸、見てたでしょ?」
じゃあないんだよ。見てたよ。
というかこの人は単に女子大生が好きなんじゃねえの。

おじさんについて言えば、小栗旬演じる須賀さんがすごくいい。
無精髭だし怪しい仕事してるヤバい人かと思ったら、娘大好きおじさん。
みんな大好物なのでは。
小栗旬って声優結構やってるし全然違和感ない。
あと平泉成平泉成すぎた。

「絵ぢから」についてはもはやいうまでもない感じ。サイコー。スクリーンで見ろ。

小ネタだけどインパクトあったのは前作のみなさんの登場。
根がキモオタクなので、糸守のみなさんと神木が出てきたときはニヤニヤしてしまいましたね。
よくあるけれどニクいファンサービス。
四葉ちゃん結婚しような。
こういうのは大好物なんですよ。チョロいので。
やたら物語に介入してくる立花のばあちゃん。と結構喋る神木。
ワンカットで出番終了の三葉さん。
エンドロールでレジェンド感出してて草。

ストーリーはまあ無難な感じ。
不思議な力を持った少女と家出少年とのボーイミーツガール。
100%の晴れ女能力を使って金儲けしてたら、陽菜ちゃん自身が能力の代償だったよって話。
陽菜ちゃん消えた後の快晴がエグい。
警察署逃げたとこで夏美さんのカブに拾ってもらうとこはアツかったな。


気になったところ



主人公の行動がエモーショナル100%すぎて見ててちょっとイライラした。
ちょっと感情移入はできなかったスね。

離島からの家出少年で、「俺は島に戻る訳にはいかねぇンだ…ッ!」みたいなこと言う割に大した理由はないことが終盤で判明して、(結局なんなんだこいつは…)となってしまった。

拾った銃をずっと持ってるのも意味わからんし、チンピラに発砲した時点で怖くなって捨てちゃうの、頭が悪すぎるのでは。
結局ラストで拾って警察に向けてるあたり直情的すぎて救いがねえ。


ストーリーで気になったのは天気を操る能力と、警察に追われるラストシーンの因果関係が全くない点。
主人公は警察に追われ、陽菜ちゃん姉弟は児相の人に追われ、あれ?なんで逃げてるんだっけ?あれ?天気の能力とどう関係してるんだっけ?となった。後から。見てるときはあんまりなんも考えてなかったけど。
まあ結局関係はなかったんだけれども。


「天気の子」を見るべき人



・綺麗な映像を壮大な音楽とともに感じたい人
・なんか走ってれば感動できる人
・女子大生が好きな人
・女子中学生が好きな人
・ショタが好きな人
・透明属性の人
平泉成のファン
・アニメのオタク


おわり。