鈴と小鳥とそれから私とサウナ

2022年11月の面白かった本まとめ

11月に読んだ本

ども、サウナ探偵です。

11月のまとめ。
個別記事書いてるのも結構あるので気になった方はそちらもどうぞ。

11月はポケモンやってたので少なめ。
それでは挙げていく。

仕掛島/東川篤哉

仕掛島

仕掛島

Amazon

館島の続編。まるっきり繋がってはいないけど前作の息子とか出てくるのはニヤニヤ。トンデモミステリーだけどこういう大仕掛けのやつは大好き。斜め屋敷とか館シリーズ的な。


すずめの戸締まり/新海誠

映画→小説の順。映画の印象はそれほど間違いでもなかった模様。 映画でさっと説明されて置いてかれてしまったダイジンの不可解ムーブとか後ろ戸の仕組みが消化できた。納得してないところもあるけど。 最後の最後ファンタジーでえいやになるのはもはや新海作品のお約束なのか。 映画ありきなので小説単独でどうなのか判断しづらいところはある。けど、スズメの発言外の心情描写があるというだけで、小説でも読む価値はあるなあと思った。この上でもっかい見たい。

「すずめの戸締まり」ネタバレ感想&考察 女子高生と椅子のワクワクロードムービーと思いきやクソ重の翁【新海誠】 - 鈴と小鳥とそれから私とサウナ

映画「すずめの戸締まり」ネタバレ考察&解説 後ろ戸とは?ダイジンの目的 is 何 映画でわかんなかったところ、小説読んだら少しはわかった【新海誠】 - 鈴と小鳥とそれから私とサウナ



アグネス白書/氷室冴子

クララ白書も含めて。大好物っすわ。この女子寮コメディ。大好き。



竜の姫ブリュンヒルド/東崎惟子

はいゴッド。ゴッドでーす。まずよく続刊が出せたなというのがあって、ほんで中身は非常に納得。 エグみ、健在。好き。 前作は「斬りたいのに斬れない」話だった。本作は「斬りたくないのに斬らなければならない」話。 3巻の構想があるらしいのでマジで楽しみ。

「竜の姫ブリュンヒルド」by東崎惟子 感想 ガチで好き過ぎるわこの人 - 鈴と小鳥とそれから私とサウナ



ミミクリー・ガールズ2/ひたき

マジでこういうのでいい。こういうのがいい。

「ミミクリー・ガールズII」byひたき 感想 こういうのでいいんだよ。 - 鈴と小鳥とそれから私とサウナ

おわり。

この記事を気に入っていただけたら、Twitterフォロー、はてなブックマークお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

他の記事