鈴と小鳥とそれから私とサウナ

トネ・コーケン「スーパーカブ」を読むのが危険すぎる 感想



えっ?スーパーカブってあの新聞屋とか郵便屋さんが乗ってるダサいバイクのことでしょ?

f:id:krsw_lapin:20210515203713j:plain

バカモン!!!かっこいいだろうが!!!

全てのカブオーナー、元カブオーナーに捧ぐ

どうも、サウナ探偵です。
男の子みんな大好きスーパーカブを題材にしたラノベを紹介しよう。タイトルはズバリ「スーパーカブ」。まんますぎて漢気がすごい。

大体にして、女子高生ってのは教室でくっちゃべってるだけでも話になんのよ。
まして、戦車に乗せたりキャンプさせたりギター弾かせたり、そういう「それ自体凝ったテーマ」と組み合わせたらもう面白くならねえはずがねえんだな。

いわんや、スーパーカブをや。

勝手に要約あらすじ

まずはどんな話か知ってもらいましょう。
簡単に要約!

山梨県北杜市の女子高生小熊(こぐま)は、親なし金なし友達なしの「ないないの女の子」。故に生活に利のある物以外には全く興味のないリアリスト。

ある日自転車で登校中に同級生の乗る原付スクーターに追い越され、バイクに興味を持つ。主に「ラクそう」という理由から。

思いついたら即行動ってことで訪れたジジイの経営する中古バイク屋で、3人殺したスーパーカブを一万円でゲット。なんと500キロ走行。新品かな?

同じクラスのカブオーナー 礼子 と微妙な距離感の関係を持つ。色々と教えてもらって箱をつけたり、ゴーグルを買ったり、カブを""使いやすい道具""に変えていく。

その過程で今まで無かった物欲や、いろんな場所への興味が湧いてくる。なんでもやってみたくなってくる。カブと一緒に。
小熊の生活が、スーパーカブに乗ることで彩られていく。

っつーかんじ。まあつまり、女子高生がカブの沼にハマってく話だよ。

こいつが
f:id:krsw_lapin:20210515091233j:plain
「スーパーカブ」1巻より

カブ沼にハマっていく。
f:id:krsw_lapin:20210515091237j:plain
「スーパーカブ」1巻より

そして音速を求めて…。
f:id:krsw_lapin:20210515091240j:plain
「スーパーカブ」1巻より

何が危険って

こんなん読んだらカブ買ってしまう。

スーパーカブって、興味を持ったことがない人からすると、「新聞屋とか郵便屋が乗ってるサエないバイク」って感じかもしれない。

マジでそう言う奴こそすぐに「スーパーカブ」を読んでくれ。

「え!何これ!メチャクチャ楽しそうなんやけど!買う!!乗る!!」ってなると思う。

だから700円の小説を買ったはずがいつの間にか20万円の出費になってると思う。
だから危険なのよ。マジだよ。

たぶん元カブオーナーの人がヤバいと思う。
なぜならば俺がそうだから。
乗りたくて仕方なくなっちゃった。

小ネタがリアルすぎる

っつーのも、「あるある」がリアルなんだな。
ウインカーの戻し忘れとか、転んでウインカー折れるとか、荷台に箱つけたい気持ちとか、30キロ制限にイライラするのとか、二段階右折を取り締まってる警察が憎いとか、etc...

もう全部経験がある!俺もそれ全部やった!

二段階右折に関しては国会前交差点で切符切られたからな。
f:id:krsw_lapin:20210515092932j:plain

いやこれどこをどう走ったら違反じゃなくなるのか未だにわかんねえよ。
原付でこんなとこ走るんじゃねえよってことだろ。

話がずれたけど、こんな感じで「スーパーカブあるある」が溢れてる。

つまりは「カブ愛」に溢れてる。

アニメ、やってるよね

アニメがさ、やってるよね。

supercub-anime.com


小説では小熊が一人暮らししてる理由とか、割と腹黒な内面が描かれてるので、それを踏まえてアニメを見ると面白いかも。

喋んねえからさ。アニメだと。

で、アニメでも小ネタが豊富。
特筆すべきは小熊の買う腕時計よ。
なんとカシオのF91-W。これ、刺さる層にはまじでぶっ刺さるだろ。
オタクが全員持ってると言っても過言ではない大人気ウォッチ。実売価格1000円。
サウナにも最適。世界のカシオ。俺たちのカシオ。


カシオの話はいい。スーパーカブだ。

かなり原作に忠実に作られてる感じがする。
といってもアニメ見たから小説は読まなくていいって感じでもない。 コメディ系の作品ってアニメでカバーした範囲を小説で読むのけっこうダルいんだけど、スーパーカブは読める。というかより楽しい。

アニメは映像表現として完成形でありつつ、小説はさらに補完、みたいな感じなので、まさに2度美味しい。

まとめ

まだ1巻しか読んでないけど、なんと既巻が7巻まである。 すげぇ、楽しみが増えたな。
小熊、これからどんどんカブ沼にハマっていくんだろうなあ。戻れねえよなあ?!

俺はリトルカブオーナーだったんだけど、本屋で2巻以降をチラ見したら、どうやらリトルカブに乗る子も後々出てくるみたいでめちゃくちゃ楽しみ。

かわいいよね、リトルカブ。

早く小熊がベトナムキャリアつけるところが見てえなあ。

おわり。

この記事を気に入っていただけたら、Twitterフォロー、はてなブックマークお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

他の記事

www.sauna-detective.com

www.sauna-detective.com

www.sauna-detective.com

www.sauna-detective.com

www.sauna-detective.com