鈴と小鳥とそれから私とサウナ

【リピート/乾くるみ】ダークサイド版時をかける少女 クズ大学生の人生やり直しチャレンジ



サウナ探偵であります。
こんにちは。こんばんは。キュアップラパパ。

乾くるみ氏の「リピート」を紹介する。マジで引き込まれ方が段違いのワクワク小説。俺はこの作品、知らなかったんだけど、つい最近ドラマ化してたんやね。

リピート (文春文庫)

リピート (文春文庫)


爽やか青春モノみたいな表紙しといて、全然違うんだぜ?
その実、クズ大学生の人生やり直しチャレンジなんだな。

タイムトラベルものにありがちな、タイムパラドックスを回避して、なんだかんだでハッピーエンド、って感じじゃなくて、なかなかダークな傑作だった。


タイムパラドックスとは…
過去の改編によって未来が変わる現象
自分が生まれる前の母親を殺すと自分が消滅する。
詳しいことはバックトゥザフューチャーを見てくれ。それが早い。


核心をつくネタバレは書いてないつもりだけど、多少キワドイかもしれないので注意。 




あらすじ

もし、現在の記憶を持ったまま十ヵ月前の自分に戻れるとしたら?この夢のような「リピート」に誘われ、疑いつつも人生のやり直しに臨んだ十人の男女。ところが彼らは一人、また一人と不審な死を遂げて…。あの『イニシエーション・ラブ』の鬼才が、『リプレイ』+『そして誰もいなくなった』に挑んだ仰天の傑作。
引用元: 文庫版の裏表紙



著者について


乾くるみ - Wikipedia

著者は乾くるみ氏。
言わずと知れた「イニシエーション・ラブ」の奇才。
俺は「イニシエーション・ラブ」と「リピート」しか読んだことないのだけど、どっちも一筋縄ではいかない後味の悪さが残る小説で、スッキリ爽快な作品ではない印象。

イニシエーション・ラブ」についてはこちらの記事にも。
lutrinae.hatenablog.com



序盤からの引き込みがすごい


本作の凄いところは、序盤からの引き込みの強さ。

推理小説って初めの100ページくらい何も起こんなくて退屈だったりすんのね。
人、はやく死なねーかな!ってなっちゃう。

「リピート」はそんな退屈さとは無縁。
1ページ目で謎の電話がかかってきて、2ページ目では地震が予言される。で、その地震が実際に起きる。君も僕と一緒に人生を「リピート」しないかい?

いや、初っぱなからどんだけワクワクさせんの。

こんなん続きが気になって仕方ねえじゃん。 




タイムトラベル×そして誰もいなくなった


「リピート」とは、タイムトラベル現象の、作中での呼称。個体として時空を越えるのでなく、現在の意識を保ったまま、過去のある時点の自身の意識に入り込むという現象。
このため、「リピート」後の時間軸には自分は1人しかいない。「バックトゥザフューチャー」じゃなくて「時をかける少女」のパターンやね。 

しかもリピート後の人生でも、時間と場所を正しく合わせれば、何度も同じ期間を繰り返せる。実質不老不死。テクニックの必要なエンドレスエイト

このリピートに参加するのが10人の選ばれし男女。 で、リピートしたあとの世界でバシバシ死んでいく。
何度もリピートできると言っても、途中で死んでしまえばそれまでなのでこれはマズい。

明かにリピートした者(リピーター)が狙われている。でもリピーターをリピーターと知っているのは同じリピーター同士のみ。 

つまり、リピーター同士にしかそうと認識できないクローズドサークルが発生してるんだな。

全くクローズドじゃないのにクローズドサークルが出来上がってる。
発想が新しい。つーか、スゲェうまい。

でも個人的には、これは「そして誰もいなくなった」よりは「ファイナルデスティネーション」に近い印象かな。 



主人公がマジのクズ


主人公の毛利君、クズすぎるぜ。全く応援できねえ。バイト先の女の子とワンナイ、元カノは殺して婚約者を見捨てる。

「やり直せる」「無かったことにできる」という全能感は人間をここまで堕とすんだなと。


男の汚えとこ書くのがうまいよな、乾くるみ氏は。
この主人公がクズすぎる故にリピート前の人生よりも状況がどんどん悪くなっていく。そのなかでもがき苦しむ主人公。

あんまり頑張れという気持ちにならないのが誠に草。

リピート後のやり直し人生で毛利君は全てをチャラにして次のリピートに辿り着けるのか!
次の人生に、こうご期待!バカ野郎。


まとめ


大多数の人が初めて読む乾くるみ作品は「イニシエーション・ラブ」ではないかと思う。 次に読むのは「リピート」がおすすめ。 
発売は2004年だけど、2017年にドラマ化されたこともあって、記憶にある人も 多いのではないだろうか。

毛利君、天童さんと共に生き残りの推理ゲームに挑むもよし、第三者目線で物語を楽しむもよし、どう読んでも楽しめるミステリになっている。

ただし、基本的にはクズ大学生の悪あがき物語なので、読む人を選ぶかもね。


「リピート」をオススメできる人

・予定調和なタイムトラベル物に飽きてきた 
・人間の汚えとこが見てえ
・ヘリの免許を取りたい


「リピート」をオススメできない人

・クソ男絶対殺すマン
・みんなハッピー大円団じゃないとキレちゃう。


おわり。

イニシエーション・ラブについてはこちら。

lutrinae.hatenablog.com