鈴と小鳥とそれから私とサウナ

読書

「硝子の塔の殺人」by 知念実希人 感想 ワクワクがヤバい ミステリ愛に溢れた異形の館 ネタバレなし

ワクワクがヤバい ども、サウナ探偵す。 やっと読めた。「硝子の塔の殺人」by 知念実希人。 著者のツイッターで平面図見てからワクワクが止まんなかったわ…。 硝子の塔の殺人作者:知念 実希人実業之日本社Amazon まずズバリ、クソほど楽しかった。 これほど…

2021年8月の面白かった本まとめ

今月読んだ本 ども、サウナ探偵です。 8月に読んだ中で面白かった本をまとめておく。 三日間の幸福/三秋縋 三日間の幸福 (メディアワークス文庫)作者:三秋 縋KADOKAWAAmazon 絶望の絶望煮込み絶望添え。 余命を30万円で売るも、最後にすがろうとした人全員に…

読書中に「何読んでるの?」と聞いてくるのをやめろ

俺(読書中…) 同僚「何読んでるんですか?」 俺「うるせえなぁ!!(あ、小説 魔法つかいプリキュア! いま、時間旅行って言いました!? (講談社KK文庫)だよ)」 なぜって良いことがないからだよ 人に何を読んでるか聞くな。 人に何を読んでるか聞くんじゃな…

【1番賢い使い方】Kindle Unlimitedに3ヶ月99円で入ってみた感想

Kindle Unlimitedに3ヶ月入ってみた で、2ヶ月経った率直な感想 この中から読まねばという強迫観念 電子書籍の圧倒的デメリット とはいえメリットはデカい まとめ Kindle Unlimitedに3ヶ月入ってみた Kindle Unlimited、興味はありつつも、「月1000円って、…

【最悪死ぬ】「三日間の幸福」by三秋縋 感想 絶望を煮込んだなにか ネタバレあり

つらみで死んだ ども、サウナ探偵す。 「三日間の幸福」by三秋縋 を読んだ。軽い気持ちで。 しんだ。 重すぎんだろ…。 これ読む人が読んだら最悪死ぬぞ…。 三日間の幸福 (メディアワークス文庫)作者:三秋 縋KADOKAWAAmazon あらすじ 金に困った大学生クスノ…

2021年7月の面白かった本まとめ

今月読んだ本 ども、サウナ探偵です。 7月に読んだ中で面白かった本をまとめておく。 ミモザの告白/八目迷 ミモザの告白 (ガガガ文庫)作者:八目迷小学館Amazon 暫定今年1位。 なんでもいいから読んでくれ。 これまでSFを絡めた作品を書いてきた著者が、性的…

八目迷「ミモザの告白」感想&考察 性的マイノリティに対する作者の真剣さが垣間見える大傑作小説 ネタバレちょい

3作めにしてスゲェのぶっ込んできた 今までで1番いい ども、サウナ探偵です。 八目迷氏の3作目「ミモザの告白」が発売されたっつーことで、早速読んでみた。 夏へのトンネル〜、きのうの春で〜、と時間系SF×難あり青春ストーリーを世に出してきた八目氏。こ…

宇佐見りん「推し、燃ゆ」感想&考察 自分の存在理由を他人に預けてしまった人の末路 ネタバレあり

芥川賞ってのは変な奴が主人公の小説しか受賞できねえのか? やっぱり芥川賞ってそういう… ども、サウナ探偵です。 やっと順番が回ってきた芥川賞受賞作品「推し、燃ゆ」by 宇佐見りん を読んだ。 推し、燃ゆ作者:宇佐見りん河出書房新社Amazon 2月に図書館…

杉井光「楽園ノイズ2」感想 1巻よりも断然面白くなった2巻

また表紙が女装男子。 期待の音楽小説、待望の2巻 ども、サウナ探偵です。 このライトノベルがすごい!2021の6位、大注目の音楽小説「楽園ノイズ」の2巻を読んだぞい。 楽園ノイズ2 (電撃文庫)作者:杉井 光KADOKAWAAmazon 本屋で見つけて、あっ2巻出てんじゃ…

八目迷「きのうの春で、君を待つ」感想&考察 SFを餌にして少年少女のエモ話に引き摺り込む ネタバレなし

なるなるなるほどね。 きのうの春ってなに ども、サウナ探偵です。 八目迷「きのうの春で、君を待つ」の感想を書いていこう。 デビュー作「夏へのトンネル、さよならの出口」でエモサマー小説をお届けしてくれた八目迷氏の2作目だよ。 話の繋がりとかはない…

シンプルにバケモン「invert 城塚翡翠倒叙集」by相沢沙呼 感想 ずっと面白いからすごい 続編不可能からの映像化不可能 ネタバレなし

ついに出ちまったな。 今世紀一の期待の一作が。 バケモンの続編はバケモン ども、サウナ探偵です。 とうとう出ちまったな。 あの令和のバケモンミステリー、「medium 霊媒探偵城塚翡翠」(じょうづかひすい)の続編だよ。 invert 城塚翡翠倒叙集作者:…

小松左京「復活の日」感想&ちょいネタバレ これコロナ禍予言書かよ 人類の成長の無さ

バカクソおもしれぇじゃん・・・ 小松左京、エスパーか? ども、サウナ探偵です。 コロナ禍で再評価されてる「復活の日」by 小松左京を読んだ。 これ、図書館で一回借りたんだけど、1980年発行の角川文庫で字詰めがキツくて全く読む気しねえの。 しかも初出…

来楽零「ロミオの災難」感想 突飛な設定だけど間違いなくエンタメ

単巻ラノベ漁りそのX ども、サウナ探偵です。 単巻ラノベを巡る旅をしています。 「単巻 ライトノベル おすすめ」で日々検索をかけています。 そんな中気になって読んでみた一作、来楽零氏の「ロミオの災難」。 田中ではない。 ロミオの災難 (電撃文庫)作者:…

間宮夏生「月光」感想 根強い人気の単巻ラノベ 会話のスリル

類は友を呼ぶ ども、サウナ探偵です。 単巻ラノベを巡る旅をしています。 毎秒「単巻 ラノベ おもしろい」で検索をかけています。 で、今回読んだのはこちら、「月光」 by間宮夏生 月光 (電撃文庫)作者:間宮 夏生KADOKAWAAmazon ちょっと危ない少女と交流す…

中山七里「連続殺人鬼カエル男」感想 本当にやべえ奴は誰なんだよ

どこまでも狂気 いやいやいや問題作でしょこれ ども、サウナ探偵です。 ちょー問題作、「連続殺人鬼カエル男」を紹介しよう。 連続殺人鬼 カエル男 (宝島社文庫)作者:中山 七里宝島社Amazon 警察署の襲撃シーンとか、一般市民がヒステリーで暴徒と化す様子が…

森日向「浮遊世界のエアロノーツ」感想 読み心地抜群のロードノベルが幕を開けた!

こういうの、好きなんですよ…。 す、好きなヤツ〜! ども、サウナ探偵です。 電撃文庫5月の新刊「浮遊世界のエアロノーツ」by森日向 を紹介しよう。 表紙が気になりつつも何回かスルーしてたんだけど、いざ読んでみたらあ〜!これ好きなヤツです〜!となっ…

今村夏子「むらさきのスカートの女」感想&ネタバレ 芥川賞受賞作品 ファーブル昆虫記だろこれ

ファーブル昆虫記って読んだことある? あの寄生バチの話怖かったなあ。 バケモンがバケモンを観察する小説 ども、サウナ探偵です。 2019年の芥川賞受賞作品「むらさきのスカートの女」by今村夏子 を紹介しよう。 簡単にいうと、バケモンがバケモンを観察す…

トネ・コーケン「スーパーカブ2」感想&考察 キャラが深堀される2巻 他のおっさん趣味JK作品との差別化がわかった

ども、サウナ探偵です。 トネ・コーケン氏の「スーパーカブ」2巻を読んだよ。 ゆるキャンみたいな「女子高生×おっさんの趣味」モノと思って読み始めたけど、2巻まで読んでちょっと認識が変わってきた。 スーパーカブ 2【電子特別版】 (角川スニーカー文庫)作…

柴村仁「プシュケの涙」感想&ネタバレ考察 なんなんだこの救いのねえ話は…

ども、サウナ探偵です。 単巻ラノベを読み漁っております。 今回読んでみたのは「プシュケの涙」 単巻ラノベ界隈では根強い人気の作品らしいので期待! で読んでみた…。 あう…。 なんだよこれぇ…! プシュケの涙 (講談社文庫)作者:柴村仁講談社Amazon あらす…

屋久ユウキ「弱キャラ友崎くん」感想 完全に人生のバイブルじゃねえか

みみみみみみみみみみみみみみみみみみみみみみみみみみみみみみみみみみみみみみみみみみみみみみみみみみみみ(錯乱) 間違いなくおもしろいラノベ ども、サウナ探偵です。 最近読んだクッソ面白いラノベを紹介しよう。 「弱キャラ友崎くん」だ。 友崎くん…

トネ・コーケン「スーパーカブ」を読むのが危険すぎる 感想

えっ?スーパーカブってあの新聞屋とか郵便屋さんが乗ってるダサいバイクのことでしょ? バカモン!!!かっこいいだろうが!!! 全てのカブオーナー、元カブオーナーに捧ぐ どうも、サウナ探偵です。 男の子みんな大好きスーパーカブを題材にしたラノベを…

「森の魔獣に花束を」感想 単巻ラノベの名作を読む ノスタルジックファンタジックボーイミーツガール

単巻ラノベ放浪記 単巻ラノベ放浪記 第X弾。 サウナ探偵です。 単巻ラノベを巡って旅をしています。 名作中の名作と呼び声の高い「森の魔獣に花束を」を読んだぞい。 あ〜いいっすね〜これ〜って感じの秀作だった。劇的に面白いとかはないけど特に不満もない…

【読む順番】暁なつめ原作小説「この素晴らしい世界に祝福を!」このすば【完全版】

このすばの読む順番わかんなくね? どうも、サウナ探偵です。 以前「この素晴らしい世界に祝福を!」の感想記事を書いた。 暁なつめ「この素晴らしい世界に祝福を!」感想 【完全版 読む順番】なぜ面白いのか魅力を完全に考察した - 鈴と小鳥とそれから私と…

「夏への扉」が猫好きにおすすめはさすがにこじつけすぎだろ ロバート・A・ハイライン 感想

ロバート・A・ハイライン「夏への扉」が映画化されるらしい。 natsu-eno-tobira.com え、今更…? なんで? しかもジャパンで…?(困惑) 夏への扉とかいう名前だけはきいたことある本 ども、サウナ探偵です。 ロバート・A・ハイライン「夏への扉」について。…

ビートたけし「コロナとバカ」感想 コロナ禍の政治や世の中に対する違和感に答えを示してくれる一冊

挑戦的すぎるタイトル。 こんなに全方位に喧嘩売って平気なの…。 2021年初っ端から超問題作 ども、サウナ探偵です。 何がきっかけか忘れたけど、発売前から超超超気になってたこの本。なんせタイトルが「コロナとバカ」。しかも世界の北野。 なにしろ、俺自…

五十嵐律人「法廷遊戯」感想 ネタバレなし 無罪と冤罪の違いを説明できるかい?

このミステリーがすごい!2021の4位「法廷遊戯」を読んでみたぞい。 現役司法修習生が書くリーガルミステリー ども、サウナ探偵でござる。 このミス2021で4位の「法廷遊戯」を紹介してみるぞい。 著者の五十嵐律人氏は現役の司法修習生とのこと!すげえなあ…

斜線堂有紀「恋に至る病」感想&ネタバレ考察 こんなに解釈が割れる小説あるか???

寄河景(よすがけい)は宮嶺(みやみね)を愛していたのか、それとも利用していたのか。 150人を殺した美少女と、1番近くにいた少年の話 話を簡単に要約する グイグイ引き込まれる 元ネタがあるらしい ネタバレ考察 150人を殺した美少女と、1番近くにいた少…

成毛眞「バズる書き方」感想 これを読まずにTwitterやるの損しすぎでワロタ

クッソためになるからTwitterやってる奴全員読んだ方がいいぞ。 なんというあけすけなタイトル ども、サウナ探偵です。 俺が絶対的な信頼をおいてる成毛眞氏の最新本「バズる書き方」が完全に必読書だった。 成毛眞氏。日本マイクロソフト元社長。この人の書…

暁なつめ「この素晴らしい世界に祝福を!」感想 【完全版 読む順番】なぜ面白いのか魅力を完全に考察した

このすば全巻走破したぞい! クッソ面白えよこれ ども、サウナ探偵です。 このすば。スピンオフ含めて全巻読み終わった。いやーーおもしろかったすね。 完結済みだから一気に読めるのがいいよね。 もはや説明のいらない人気作品だと思うけどちょっと書かせて…

赤月カケヤ「キミとは致命的なズレがある」感想 表紙の狂気が気になり過ぎる

最近、単巻ラノベの潔さにハマってる。 さっと読めて面白くてキチンとオチがつく。エンターテインメントの完成形。 各所でオススメの「キミとは致命的なズレがある」を読んでみた! キミとは致命的なズレがある (ガガガ文庫)作者:赤月カケヤ発売日: 2015/08/…