鈴と小鳥とそれから私とサウナ

【エコラム】リリー・フランキー うんこチンコとときどきセンチメンタル 心が疲れた時に読みたいエッセイ集 半年楽しめる暇つぶし




うんこチンコはみんな好きだよね?
じゃあさ、リリー、フランキー先生の「エコラム」を読んどこうよ。
純度500%のうんこチンコだよ。

エコラム (新潮文庫)

エコラム (新潮文庫)



サウナ探偵です。
リリーフランキー先生、全日本ボンクラ男子の憧れだね。
「エコラム」リリーさんが20世期からポパイで連載してたコラムを文庫化したやつだよ。
うんこチンコが108篇、各4ページ。リーダビリティ、鬼。
絵とコラムで「エコラム」。超、わかりやすい。
日本中のボンクラにおすすめのコラム集だよ。



著者について

引用元:朝日放送テレビ|がんばれ!おでんくん

リリー・フランキー - Wikipedia

リリーフランキー氏。肩書きが多すぎる。もう「マルチタレント」でいい。
万引き家族」の父親風役も良かったし、「凶悪」の怪演もすごかった。
何やらせても絵になっちまうからな…。すげーよ。この人。


おすすめポイント

「エコラム」のおすすめポイントを紹介する。
基本的に女子にオススメできるポイントはない。


メチャクチャ気軽

どれも4ページ。マジで大した話じゃないのがほとんど。ライト感がハンパない。 
気張る必要もないし、何かを得ようとする必要もない。
バカっぽいエピソードに笑っていればいい。物語もクソもない。
リリーさん自身、あとがきに書いているけど、便所に置いてうんこするときに読めば半年持つ。
 
ウンコの暇つぶしに最高。


ひたすらに下品

下品極まりない。
チンコから赤い汁が出た話とか、駐車場に人糞があった話とか、クンニがどうだのオナニーがどうだの、とにかく程度が低い。程度が低い題材なのに、程度の高いような話をしている。うんこチンコを真剣に考え過ぎてる。楽しい。 


ときどき考えさせられる

でもたまに考えさせられるコラムもある。
多分、秋に書いたやつだと思う。誰もがセンチメンタルになる季節、それが秋。 
男たるもの、たまにはワケあり顔で海を眺めるものだ。
考えているのは(昨日のオナニー、失敗したなあ…)とかでいいんだよ。
何も考えてなくたっていい。 


まとめ

総括すると、下品で、気軽で、ときどきセンチ。 
男は何歳になってもうんこチンコオナニーで盛り上がれるんだよな。
うんこしながら読んだらいい。 


「エコラム」はこんな人におすすめ

・童貞
・ヒモのバンドマン
・貧乏大学生
・心が疲れたサラリーマン



リリーさんのエッセイだと、「美女と野球」もいい。
内容は、大体同じ。


おわり。

エコラム (新潮文庫)

エコラム (新潮文庫)

美女と野球 (河出文庫)

美女と野球 (河出文庫)