鈴と小鳥とそれから私とサウナ

2021年8月の面白かった本まとめ

今月読んだ本

ども、サウナ探偵です。
8月に読んだ中で面白かった本をまとめておく。

三日間の幸福/三秋縋

絶望の絶望煮込み絶望添え。 余命を30万円で売るも、最後にすがろうとした人全員に裏切られる。 何も悪いことしてないのに、””何もしていないからこそ””周りから人が離れていく。 イイですねぇエグられますねぇ。 一応救いはあるけど、落ち込んでる人は読まない方がいい。

【最悪死ぬ】「三日間の幸福」by三秋縋 感想 絶望を煮込んだなにか ネタバレあり - 鈴と小鳥とそれから私とサウナ


二重螺旋の悪魔/梅原克文

ダーウィニズムに真っ向から対立する、「計画的進化」とも言うべきDNAの矛盾。イントロンへの探究心が、人類を破滅に導く。 現代に蘇った古代の悪魔 VS 神経細胞のムダが示唆する人間の潜在能力、 シビれますね。
まじで上巻がゴッド面白すぎる。

「二重螺旋の悪魔」by梅原克文 感想 上巻がマジでゴッド級にクソ面白い ちょっとネタバレ - 鈴と小鳥とそれから私とサウナ


剣と魔法の税金対策/SOW

魔王「味方になれば世界の半分をやる」
勇者「わかった」 ??
「じゃあ贈与税を徴収します」
引き込みがゴッド。1ページ目から面白い本は良作。 未開の地に目をつけて公共事業をおこすってのは面白い。でも日本だと道掘り返して埋めるくらいしかないのは悲しいすね…。

「剣と魔法の税金対策」by SOW 感想 税金を憎む全ての人に読んで欲しい ネタバレあり - 鈴と小鳥とそれから私とサウナ


銀河英雄伝説3/田中芳樹

やっとこさ3巻。
クッソ面白いんだけどヘヴィでなかなか読み進められない。クッソ面白いんだけれども!
先の戦いの功労者を呼びつけて因縁つけてる間に軍事拠点が敵に攻められるとかいうおマヌケすぎる自由惑星同盟のお偉い方にイライラ。
「政治家など偉いものではない。税金の再分配を担う機能にすぎない。」という見解がサイコー。

マリア様がみてる17 チャオ・ソレッラ/今野緒雪

8月は25冊読んだらしいけど、そのうち14冊がマリみてだった。
本当は20〜29巻の瞳子が妹になるかならないかのところがクソサイコーだったんだけど、1冊の完成度としてはイタリア修学旅行の17巻が良かった。
百合は興味ないけどマリみてはサイコー。

おわり。